信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > 研修案内 > 個々に対応した研修制度

研修案内

初期臨床研修について

信州大学医学部附属病院外科の初期臨床研修では,優れた臨床医の育成を目指し,外科治療への理解を深め,外科基本手技・プレゼンテーション技術を習得していただきます.外科チームの一員として,医療現場の第一線で,指導医と共に診療を行うとともに,学会活動にも積極的に参加していただきます.また,指導を受けるばかりではなく,学生実習では,指導する立場として,医療教育にも携わっていただきます.

初期臨床研修

研修は心臓血管外科部門,乳腺内分泌外科,呼吸器外科,消化器外科,肝臓外科,移植・小児外科の6診療科から希望の科を選択します.基本単位は3カ月間ですが,希望により,3カ月間に複数の科を研修することも可能であり,初期研修中に6診療科すべてをローテートすることも出来ます.

後期臨床研修について

当科での後期臨床研修では,外科専門医資格の取得はもちろんのこと,外科医として必要な,技術・知識・経験を早い段階から身につけ,専門領域(サブスペシャリティー領域)での研修の土台を作ることを目標としています.大学病院での各臓器別グループに所属した研修と、長野県内を中心とした関連病院施設での研修を組み合わせて,外科治療,学会・論文発表などの研修指導を行っております.

後期臨床研修

個々に対応する柔軟なプログラム

当科の研修プログラムの特徴は,初期研修内容や将来のサブスペシャリティー領域などが異なる皆さんそれぞれに柔軟に対応できる点です.サブスペシャリティー領域が決まっている方は,希望により早期からその領域の専門医育成を目指した修練を受けることが出来ます.また,初期臨床研修期間にローテートした領域はパスすることもできるため,卒後1年目から,自分の将来を見据えた進路選択をすることも可能となります.

研修プログラムの概要

基本的に2つのプログラムがあり、どちらかを選択していただきます。

【1】プログラムA (サブスペシャリティー領域を決めていない方のためのプログラム)
外科専門医取得のための全般的な研修 → サブスペシャリティー領域の決定
【2】プログラムB (サブスペシャリティー領域を決めている方のためのプログラム)
サブスペシャリティー領域の決定 → 早期のサブスペシャリティー領域の研修+外科専門医取得のための全般的な研修

【1】プログラムA

まだサブスペシャリティー領域を決めていない方や,決まっているが他の領域についてもいろいろ経験したいと考えている方のためのプログラムです.

大学病院および関連病院にて外科全般の研修を行った後に,希望するサブスペシャリティー領域の修練へと進むプログラムです.卒後3年目は主に大学病院を中心に,心臓血管外科部門・呼吸器外科・乳腺内分泌外科・消化器外科・移植外科・小児外科の6診療科をローテートして研修します.(初期臨床研修期間中に履修した診療科の研修は省略することも可能です.)4年目は主に長野県内の関連病院で研修します.基本的には,5年目より希望の専門領域での研修を開始します.

3年 大学病院で研修
4年 関連病院で研修
5年 サブスペシャリティー領域での研修 (大学病院 or 関連病院)

【1】プログラムB

将来目指すサブスペシャリティー領域が決定しており、早くその領域で専門的な研修を行いたいと考えている方のためのプログラムです.

卒後3年目4月に希望するサブスペシャリティー領域の診療科を決め,その後は主にその科での研修を行います.外科専門医取得のために必要な,他の領域の症例経験については,関連病院あるいは大学病院にて研修を行います.

3年 サブスペシャリティー領域での研修+α (大学病院 or 関連病院)
4年 サブスペシャリティー領域での研修+α (大学病院 or 関連病院)
5年 サブスペシャリティー領域での研修+α (大学病院 or 関連病院)

例:心臓血管外科部門を目指す研修医

3年 大学病院で心臓血管外科部門研修
4年 関連病院で心臓血管外科部門に加えて,
消化器・呼吸器・乳腺内分泌外科などについても研修する.
5年 大学病院で心臓血管外科部門研修

プログラムBに対応した初期臨床研修

信州大学医学部附属病院では,外科後期研修に対応した初期臨床研修を行っており,希望により,初期研修期間中に外科専門医取得のために必要な症例数のほとんどをクリアできるように配慮したローテーションを組むことができます.(術者としての120例は除いて.)これを利用すれば,3年目からの自由度がより一層増すことになります.例えば,大学病院や関連病院でサブスペシャリティー領域をさらに深めることや,あるいは,早い段階で大学院に進学することも可能となります.

例2:乳腺内分泌外科を目指す研修医(大学での初期臨床研修を活用)

1年 大学病院で消化器・心臓血管・呼吸器・小児外科などを研修
2年
3年 大学病院あるいは関連病院で乳腺内分泌外科研修
4年
5年

外科専門医試験

外科専門医試験は,最短で卒後5年目8月に予備試験, 6年目11月に本試験がありますが,6年目6月までに必要症例数を経験しなくてはなりません.当科の研修プログラムでは,6年目6月までには余裕をもって必要症例数を満たすことができるように配慮してあります.

予備試験:最短で卒後5年目の8月

経験症例数:350例(6年目の6月まで)

術者として
120例
消化器
50例
心・大血管
10例
末梢血管
10例
呼吸器
10例
乳腺
10例
頭頚部・体表・内分泌外科
10例
小児外科
10例
外傷
10例

認定試験(面接):6年目の11月

専門研修について

サブスペシャリティー領域での修練

当科では「手術をできるだけ早くからたくさん経験する」ことで,自分で手術をコーディネートできる一流の外科医育成を目標としています.手術経験のみではなく,学会・論文発表にも積極的に参加し,サブスペシャリティー領域での専門医取得を目指します.

サブスペシャリティー領域での専門医取得まで

当科では「手術をできるだけ早くからたくさん経験する」ことで,自分で手術をコーディネートできる一流の外科医育成を目標としています.手術経験のみではなく,学会・論文発表にも積極的に参加し,サブスペシャリティー領域での専門医取得を目指します.

  • 心臓血管外科部門専門医受験資格
  • 医師免許取得後7年以上(8年目から)
  • 認定施設で3年以上
  • 術者50例,助手50例,総得点500点以上
  • 論文3編(筆頭1編)以上,学会発表3回以上 など
  • 乳癌学会専門医受験資格
  • 初期臨床研修終了後5年以上(8年目から)
  • 認定施設で5年以上
  • 診療経験100例以上
  • 筆頭論文1編以上,研究業績点数30点以上 など
  • 呼吸器外科専門医受験資格
  • 医師免許取得後7年以上(8年目から)
  • 認定施設で3年以上
  • 術者50例(開胸30例,胸腔鏡20例),助手100例以上
  • 論文3編(筆頭1編)以上,学会発表5回以上 など

消化器外科,移植外科,小児外科の概要については
http://dept.md.shinshu-u.ac.jp/i-surgery/ をご参照ください.