信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > 研修案内 > 各診療科での取り組み

研修案内

信州大学心臓血管外科の特色

<得意とする手術・特色>

心臓疾患から大動脈疾患、静脈やリンパ管をも含めた末梢血管疾患に至るまで、体内の循環臓器全般を対象とした外科治療を行っています。特に重篤な全身合併症併発例、超高齢者、複合病変症例などに対する集学的治療においては、大学病院という利点を活かし循環器内科をはじめとした各診療科との連携のもと、患者さんの長期予後まで配慮したより安全で確実な手術を目指して診療を行っています。

・特に当科で力を入れている手術

  • 1)狭心症など虚血性心疾患に対する心拍動下冠動脈(オフポンプ)バイパス手術
  • 2)弁膜症疾患に対する自己弁温存手術(自己弁温存大動脈基部置換術,僧帽弁形成術)
  • 3)感染性心内膜炎に対する集学的治療(脳合併症例に対する人工心肺時抗凝固の工夫,大動脈基部膿瘍に対する手術,僧帽弁形成術)
  • 4)重症心不全に対する外科治療(植込型補助人工心臓の導入)
  • 5)胸部・胸腹部・腹部大動脈瘤に対する外科治療・ステントグラフト治療
  • 6)急性心大血管疾患(解離,破裂)に対する積極的な受け入れ,緊急手術
  • 7)末梢血管疾患に対するハイブリッド治療

<研究分野>

大動脈外科を中心とした新しい手術方法の開発、大動脈解離を中心とした大動脈疾患患者の疫学・臨床調査、虚血性心血管疾患に対する再生医療、心移植後拒絶反応の病態解明と治療法の開発などの研究を行っています。特に外科のノウハウを活かし、基礎研究部門では様々な疾患モデルを模した動物モデルを使用した研究を数多く行っています。そのうち科学研究費助成事業などの公的助成をうけ行われている基礎研究を中心にご紹介します。

1)胸腹部大動脈手術における合併症(腸管虚血・脊髄虚血)の予防法の開発

胸腹部大動脈瘤に対する部分体外循環による人工血管置換術において、腹部分枝の人工灌流による腹部臓器の灌流障害は患者の生命予後を左右する重篤な合併症のひとつです。人工的な灌流がもたらす組織学的影響や至適灌流量を裏付ける基礎実験はほとんどなされておらず、臓器灌流障害を術中に見出し灌流量の制御を行うための有効な方法およびマーカーは未だ確立されていないのが現状です。当科ではミニブタモデルを用いた研究で至適灌流量制御の方法を開発しています。

2)組換えビフィズス菌を用いる疾患部位選択的な新規虚血性疾患治療薬の開発研究

当研究室では、偏性嫌気性菌Bifidobacterium longum菌(B. longum 菌)が、全身投与でも虚血部位特異的に集積、増殖し、しかも虚血の改善に伴って消失するという、虚血性疾患治療薬の担体として極めて優れた特質を有することを見出し、アネロファーマサイエンス社との共同研究により、ヒトbFGF遺伝子およびその発現タンパク遺伝子を組み込んだ組換えB. longum 菌を虚血性心血管疾患治療薬剤(FGF110)として開発しました。FGF110は、全身投与によっても虚血部に特異的に集積し、虚血の改善に伴って自然に消失する画期的な薬剤であり、我々はマウス下肢虚血モデルを用いて、この薬剤の有用性と安全性を示してきました。今後臨床応用に向け、前臨床試験を行っていく予定です。

3)心臓移植後拒絶反応の病態解明と治療法の開発

移植後拒絶反応は、免疫抑制剤の進歩した現在においてもなお、重要な合併症です。当科では心臓移植後拒絶反応について、1,動脈硬化病変としての側面、2,炎症としての側面、3,虚血再灌流傷害の慢性期病変としての側面からアプローチを行い、マウス異所性心移植モデルを用いてその病態解明と新たな治療法の確立を目指しています。

今後さらに,動脈瘤に対する薬物的治療の基礎的研究,冠動脈バイパス手術における静脈グラフト劣化に対する研究なども行う予定です.

<臨床研修>

臨床研修

月曜日、水曜日、木曜日に定期の手術を行っていますが、高度救急救命センターなど地域の救急救命の中核を担う大学病院の特殊性から、定期手術以外にも数多くの緊急手術を行っています。

長野県全体から搬送される多数の緊急患者さんに対応するため、研修医から指導医まで一人ひとりの医師が、その能力に応じた責任を分担し臨機応変に手術や病棟回診、外来などの業務をこなす、柔軟性のある診療体制を目指していますので、個々人のやる気によってはかなりの症例を深く経験することができます。

後期研修カリキュラム以降は「一つ一つの症例から深く学ぶ」という基本方針のもと、個々人の実力に応じた段階的なステップアップが可能となるプログラムのため、心臓血管外科専門医取得資格も早い時期に達成できます。

<週間予定>

  午前 午後
回診 カンファ
レンス
・抄読会
定時手術 定時手術
カテーテル
外来
カンファ
レンス
回診 カンファ
レンス
外来 教授回診  
回診 カンファ
レンス
定時手術
外来
定時手術 内科・外科
カンファ
レンス
回診 カンファ
レンス
・抄読会
定時手術 定時手術 PAD
カンファ
レンス
回診 カンファ
レンス
外来

<朝の回診>

朝の回診

朝の回診は7時から始まります。ICUとCVCU、救急部に入院中の重症患者を中心に全員で回診し、経過や方針を確認します。

<朝のカンファレンス>

朝のカンファレンス

回診終了後に術後報告、術前症例提示を行います。術後報告では手術図を示しながら、術中の工夫や反省など術者の臨場感あふれる報告が楽しみです。

<抄読会>

抄読会

月曜日・木曜日に持ち回りで行っています。論文を読むだけでなく、研究デザインから論文の書き方まで鋭い意見が飛び交います。

<内科外科カンファレンス>

循環器内科医・小児循環器医・麻酔科医とともに、手術を要する心臓・大血管症例の診断や治療方針の検討を行っています。

<PADカンファレンス>

循環器内科・形成外科・糖尿病内科・臨床検査技師とともに末梢動脈疾患症例について、治療方針の検討を行っています。

この他、不定期の勉強会として持ち回りでレクチャーを行うAsahi lectureや大学院生を対象としたリサーチカンファレンス、重症例や合併症例の検討を行うM&Mカンファレンスを適宜行っています。どんなに忙しくてもカンファレンスをおろそかにせず、常に症例から学び続けること、それがモットーです。

<手術>

手術

定期枠は月、水、木の3日ですが、高度救急救命センターなど地域の救急救命の中核を担う大学病院の特殊性から、定期手術以外にも数多くの緊急手術を行っています。ステントグラフトを用いた大動脈瘤の治療といった低侵襲手術から人工心肺を用いた心臓手術、重症虚血肢に対する遠位バイパス手術、再生医療など、心臓血管外科領域全般にわたり多種多様な手術を行っています。

<カテーテルインターベンション>

閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患に対するカテーテル治療および手術とのハイブリッド治療も積極的に行っており、毎週月曜日にカテーテル室の定時枠があります。ともすれば内科的手技と考えられがちなカテーテル操作を外科医として学ぶことで、全身病である血管疾患をトータルな視点で診ることができるようになります。また早くからカテーテルインターベンションの術者を経験することにより、ステントグラフト施行医を早期に取得することができます。